2回目のコンサル(前半)

2020年6月末日。

 Wakaさんの2回目のコンサル。本日も渋谷の某カラオケ店の個室にて。まずは、前回の宿題であった「グダ崩し」の答え合わせから。なかなか気づくところが多かった。面白かったのは、「言い返し」。あまりひねらなくても、同じことを言えばよいことに、やや安心感。

 ここで一番大事なのは、「全体を通して真に受けないこと」。打診でマジモードにならないこと。まさに、自分との勝負。少しでもスケベ心出したら、アウトだわ。詳しくは、こちらの動画をチェック!まさに「真に受ける男は雑魚!」。

【おっさんナンパ】女子の断り文句の切り返しでおっさんの価値が決まる  Pick Up

 続いては、ギラつきについて。ギラつき、わかります?要は、女の子との距離を確認するための「スキンシップ」です。順序、ポイントがあるので、そこはこちらの動画でチェックを!

【スキンシップ】おっさんのナンパで大差がつくスキンシップの方法とは?

私自身、まだここまで全然行けてるレベルにはないけど、ギラつきについてのWakaさんからの質問(テスト)は、一応合格。いや、実際に試すのではなく、口頭でレベル感を確認しただけですが…ちなみに、コンサル生になると、Wakaさんがとある塾生の方(もちろん♂)にギラツキを実演する映像が見られるので、こちらは超オススメですw

 そして最後にWakaさんから言われたこと。「大事なのは、失敗経験を恐れないこと。そして、失敗には良い失敗と悪い失敗がある。踏み込まない失敗はダメ(ここまでで良いで終わってしまう)。より踏み込んでいく失敗が大事。その方が、何が詰まったのか、よくわかる。最後まで行きましょう。上達が見えてくると、楽しくなるよ。」うん、すでにこの状態で納得。

 もうひとつ。多くのナンパ師は「何をしゃべろうか」考えているからダメ。しゃべる内容を一言一句覚えるのではなく、テンポよく相手の言葉を拾って面白く投げ返すことが大事。これは激しく同意。自分が最も目指したいところ。

 ここまで話をして、カラオケの受付から電話。時間が来たので、そのまま退店へ。

 そして恒例の、路上実践講座。今回は、どんなことが待っているのか…

(後編に続く)

コメント

Copied title and URL