初めての自主練@新宿

 2020年7月第1週。次回のWakaさんのコンサルまで、1週間に迫った。

 このまま何もできずに次回コンサルを迎えるのは、自分としても恥ずかしいし、何より、1か月の目標である「200人声掛け」には、到底及ばなくなる。そう考えると、何か行動を起こさなければ…と、前回惜しくも声掛けを逃した新宿で声掛けに挑戦。

 結論から言うと、1時間歩いて、結局誰にも声掛けできませんでした。

 一番の敗因は、強い風雨。まず地上を女の子が歩いていない。みんな地下街。しかも、地下街だと、JRや京王、小田急、東京メトロ、そして都営地下鉄と、そこら中に駅の改札があり、駅員やセキュリティが見張っており、ナンパには向かない。一方、地上を歩いている女の子も、ほとんどの子が傘をさしており、顔がよく見えないだけでなく、それだけで精神的&物理的な壁を感じる。何人かいいなと思った子はいたが、その瞬間に自分の体が動けなかった。逆に信号待ちで女の子に感づかれて、立ち位置を変えられるという失態も…

 新宿通りを3往復して、成果ゼロ。万歩計の数は増えて健康には良かったと思うが、月曜断食を慣行している自分にとって、東口の各種店舗から流れてくるおいしそうな匂いは苦痛で耐えがたく、また強い風雨というテンションダダ下がりの天気も良くなかった。特に「傘」がこんなに精神的な壁を感じるとは・・・と、こんな話をしていたら、ナンパ仲間のしんじさんから「え、自分的には傘で女の子とちょうどよい距離感とれて、いいと思ったんですけど…」とのこと。なるほど、見方を変えれば、確かにそう言える。結局この「傘」も、自分にとっては声をかけられないことに言い訳。この言い訳癖を、何とか直したい。てか、そんなんで、よく社会人やってこられたなあ、俺。はっきり言って超小物じゃん…早くナンパでビッグに生まれ変わろうぜ!

 明日こそは、声掛けしたいぜ!

 ちょっと場所変えてみようかな・・・

コメント

Copied title and URL